「第60回日本レコード大賞」(2018年12月30日)で現役大学生演歌歌手辰巳ゆうと(20)さんが、最優秀新人賞を受賞しました。


2018年の新人賞の受賞者は、辰巳ゆうとさんに加え、STU48、Chuning Candy、BiSHの4組が受賞しましたが、演歌歌手が最優秀新人賞を受賞するのは、2008年のジェロ以来のこととなり、10年ぶりだそうです。


辰巳ゆうとさんの最優秀新人賞した演歌歌手としての実力もさることながら、そのイケメンなルックスと、いまどき稀に見る“真っすぐに育った好青年ぶり”が話題となっています。


そんな辰巳ゆうと さんの演歌歌手へのキッカケ、出身高校、どこの大学にかよっているのか?などなど、辰巳ゆうと さんに関する色々なことをまとめてみました。

スポンサードリンク







辰巳ゆうと プロフィール

氏 名: 辰巳ゆうと(たつみ ゆうと)
生年月日: 1998年1月9日
出身地: 大阪府藤井寺市
身 長: 173cm
血液型: A型
所 属: 長良プロダクション
経 歴: 現役大学生(20歳)
趣 味: お寺やお城を巡ること

キャッチコピー:「力いっぱい、演歌です!」
真っすぐな姿勢と90度に深々と首を垂れる丁寧な挨拶が印象的


辰巳ゆうと 演歌歌手へのキッカケ

辰巳ゆうとさんは、祖父の影響で春日八郎さんや三波春夫さんらの演歌を聴いて育ち小学校4年生の時から地元のカラオケ教室に通いました。


そして、氷川きよしさんのステージを見て演歌歌手になることを決意し、中学校1年生の時氷川きよしさんらの所属する長良プロダクション主催の「ティーンズカラオケ大会」に参加し、優勝を果たしました。


その後、辰巳ゆうとさんは、プロの歌手を目指すため、高校1年生から月に一度上京してボイスレッスンの日々を過ごし、高校卒業後は、東京の大学に進学し、大阪から東京に上京しています。


デビュー前の一年間は、東京の下町を中心に演歌のストリートライブを行いました。ストリートライブは、“下町”の匂いのするJR赤羽駅前から始めたそうです。


毎週2日、簡易なカラオケ設備を携え楽器を使わず自前の声を武器に1日1回、「赤いランプの終列車」や「東京五輪音頭」など約10曲のレパートリーを歌い続けました。


辰巳ゆうとさんは、その時の様子を


“最初はあまり聞いてもらえなかったんです。でも、回数を重ねる毎に段々と足を止めて下さり、その後も何度も足を運んで下さる方々が徐々に増えて、毎回感謝の気持ちでいっぱいでした。”


と語っています。

スポンサードリンク




辰巳ゆうと 演歌歌手の経過



2018年1月17日 20歳の誕生日2018年1月9日から8日後、『下町純情』で、演歌歌手としてデビューを果たしました。


2018年12月30日 東京・新国立劇場で行われた「第60回 輝く!日本レコード大賞」で、最優秀新人賞を受賞しました。




https://twitter.com/misakikunz/status/1079313640811945985


受賞が決まると、辰巳ゆうとさんは、涙を流しながら、


「ありがとうございます。本当に応援してくださる皆様のおかげで、この最優秀新人賞をいただくことができました。


応援してくださる皆様、スタッフの皆様に感謝の気持ちを忘れずに、そして、この賞に恥じない歌い手になれるように一生懸命頑張ってまいります」


「(祖父は)今も元気なので帰ったら電話で報告しようかなと思います。おじいちゃんやったよ!」



と涙を流しながらと喜びを語りました。

スポンサードリンク







辰巳ゆうと 本名?芸名?

辰巳ゆうとさんの芸名は、本名と音読では同じだそうです。


本名も芸名も、そのまま”たつみ ゆうと”さんという読みらしいですが、本名には、名前の部分に漢字が使われているかもしれませんね。


名前の部分を漢字ではなく、ひらがなを使っている歌手、特に演歌歌手の方は多いですよね。



氷川きよしさんもそうですね。



ひらがなを使ったほうが、あまり固い感じにならず、親しみがわく感じになるのかもしれませんね。


辰巳ゆうと 中学時代

辰巳ゆうとさんの出身中学校ですが、辰巳ゆうとさんは、大阪府藤井寺市出身なので、おそらく大阪府藤井寺市の公立中学に通っていたのではないでしょうか。


辰巳ゆうとさんは、小さい頃から演歌に親しんでいて、小学校」3年生からはカラオケ教室にも通っていたということですが、中学校での3年間は野球部に所属し、副主将を務めていました。


副主将を務めていたということは、野球も上手かったと思いますが、信望があり、面倒見の良い方だということなのでしょうね。


さぞ、爽やかな野球少年だったことが想像できますね。


辰巳ゆうとさんを見るためだけに、野球部の練習を見に来る女の子たちもいたことでしょう。

スポンサードリンク




辰巳ゆうと どこの大学?

辰巳ゆうとさんの通われている大学ですが、具体的にどちらの大学に通われているのかは確認できていませんが、辰巳ゆうとさんは、高校卒業後、2016年4月に、東京の大学に進学しています。


大学では、英語の勉強をしているそう。


辰巳ゆうとさんの趣味が、お寺やお城を巡ることであることや、演歌のイメージから、国文学とか、日本史なんかを学ばれているのかと思いましたが、ちょっと意表を突かれた感じですね。


辰巳ゆうとさんが英語を話していたら、クール!!ですね。


辰巳ゆうと 創価学会

辰巳ゆうとさんが、創価学会に入っているのでは??という噂がでていたようです。


しかし、辰巳ゆうとさんが、創価学会に入っているという証拠や根拠は、実証されていないようです。


創価学会出身の芸能人が多いことから、辰巳ゆうとさんも、ひょっとしてそうなのでは?と思い、「辰巳ゆうと 創価学会」と調べる人が多かったのかもしれませんね。


お寺巡りが好きというシブい趣味にも関係しているかもしれませんね。


辰巳ゆうとさんは、演歌歌手ということもあり、キリスト教というよりは、仏教系のイメージがありますが、英語を勉強しているということで、英語圏の宗教としてキリスト教に興味があるかもしれませんね。


辰巳ゆうと 彼女・熱愛情報



「第60回 日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞した演歌歌手の辰巳ゆうと さんに彼女はいるのでしょうか?とても、気になるところです。



気になる画像を見つけました。


https://twitter.com/kiharu_junretsu/status/1072768229754363905




誰それ?彼女?そんなのアリ?と思って強いますよね。


辰巳ゆうとさんのファンの方のようですね。まだ、売れていないころから応援してくれているということで、辰巳ゆうとさんにとって大切な存在なんでしょうね。


爽やかで甘いマスクの演歌歌手・辰巳ゆうと さんなので、中学・高校時代もさぞや持てたことと思いますが、辰巳ゆうと さんの彼女・熱愛情報については、確認できていません。


辰巳ゆうと【下町純情】本名?高校?どこの大学?創価学会?彼女は?まとめ

「第60回日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞した現役大学生演歌歌手・辰巳ゆうと さんについてまとめてみました。


辰巳ゆうと さんは、いまどき珍しいくらい“爽やかな”青年という感じですが、演歌を始めたキッカケは、お祖父さんだったんですね。


演歌というと、ファン層が年配の方々になりがちですが、そういった意味でも、辰巳ゆうと さんは、同年代の人や今まで演歌に興味のなかった人にも演歌を広めていくキッカケになりそうですね。


来年は、紅白にも出ているかもしれませんね。


辰巳ゆうと さんの今後の活躍が楽しみですね。



好きにな俳優さん・女優さん・アイドルの活動を後押しする
情報を発信してあなたも生計を立ててみませんか?

「人生を逆転できたキッカケ」
特別に公開!!

興味のある人は、こちらをクリック!