元『乃木坂46』のアイドルから女優へと転身し、女優としても活躍の場が広がっている深川麻衣さん。


キュートなルックスと優しい穏やかな雰囲気でファンの深川麻衣さんですが、『乃木坂46』時代から、メンバーや、ファン、接した人から、“性格がいい”、“性格が良すぎる”と言われているようです。


深川麻衣さんは、“まいまい”と呼ばれる他に、“性格が良すぎる”ということから、ある愛称を持っています。


今回は、深川麻衣さんが、“性格が良すぎる”ために付けられた愛称とは?“性格が良すぎる”といわれるようになったエピソードなどをまとめてみました。


【関連記事】
⇒ 深川麻衣『まんぷく』で存在感!出身高校は?父親母親兄弟姉妹は?


スポンサーリンク

深川麻衣の性格が良すぎて付いた愛称は?

深川麻衣さんの『麻衣』という名は、両親が考え、祖父が漢字を決めたそうです。


深川麻衣さんは、“まいまい”の愛称で呼ばれ、キャッチコピーは『まいまい毎日マイペース』です。


この“まいまい”の愛称は、『乃木坂46』のオーディション時に仲良くなった白石麻衣さんが「譲ってくれて」つけたそうです。


ですが、深川麻衣さんは、“まいまい”の他に、“聖母”とも呼ばれています。


『乃木坂46』時代に、深川麻衣さんと仲の良かった『川後陽菜』さんが、深川麻衣さんの“性格が良すぎる!”ということで、深川麻衣さんのことを“聖母”と呼んだそうです。


そして、バラエティ番組「乃木坂ってどこ?」の川後陽菜さんの誕生日を祝うコーナーで、『川後陽菜』さんが、「聖母みたいな感じのところ」と発言したことがキッカケで他の『乃木坂46』のメンバーも、深川麻衣さんのことを“聖母”と呼ぶようになったそうです。


『川後陽菜』さんが上京したてで、東京に不慣れだったころ、深川麻衣さんが、毎日、『川後陽菜』さんを学校の正門まで送ってくれたというエピソードを明かしています。


深川麻衣さんは、『乃木坂46』に加入する前から上京していたので、『川後陽菜』さんだけでなく、他ののメンバーに対しても美容室や食事に連れて行ったりしていたそうです。


深川麻衣さんは、“聖母”と呼ばれるほど性格がよく、『乃木坂46』時代は、第1期生の中でも年長者ということもあって、時には、メンバー引っ張っていくお姉さん的存在、時には、優しいお母さんのような存在だったようですね。


深川麻衣さん、本当に“性格良すぎ”のようですね。

深川麻衣の性格良すぎエピソードとは?



深川麻衣さんが“性格良すぎ”て、“聖母”とよばれるようになって幾つかの心温まるエピソードを紹介します。


・輪に入れないメンバーをさりげなく抱き寄せるように話しかけて輪に入れた


・お世話になっている人へのプレレゼントを欠かさない


・メンバーがライブで転倒した時、真っ先に氷をもって駆け付け寄り添った


・上京したばかりのメンバー(川後陽菜)を高校ま毎日送迎してあげる


・番組企画で『乃木坂46』のメンバーのうそのエピソードに進撃に対応した


・ドッキリ企画でメンバーの姉の結婚式のお金が足りないと言われた時、不足分を肩代わりしようとした


・メンバーが表紙を飾る雑誌を見かけると手前の目立つ位置に陳列し直した


・怒っている姿を誰も見たことがない


・悪口をいている姿を誰も見たことがない


、、、などなど。


一般的にタレントや芸能人は、TVに映っている時と普段では、多少なりともギャップがあり、裏表が激しい人も多いようですが、深川麻衣さんは、裏表がない人柄のようですね。


また、深川麻衣さんは、メンバーのどんな短所も受け入れて、その人の良い部分を引き出すことに長けていると言われています。


深川麻衣さんは、“聖母”的対応によって、『乃木坂46』メンバーから慕われ、信頼されていたようです。


深川麻衣さんは、『乃木坂46』在籍中は、メンバー最年長でした。


『乃木坂46第1期生』のオーディションの合格した時には、合格したことを喜びつつも、自分だけ年の離れていることに不安をお覚えていた面もあったようですが、


深川麻衣さんは、メンバーのお姉さん的な存在として、メンバーを引っ張っていく役割を自然に引き受けていたのでしょうね。


裏表のない人柄の深川麻衣さんは、ファンに接するときも同じで、『握手会』での対応も、やんわり握るソフト握手ではなく、別け隔てなくガッツリ握手をしていたそうです。


深川麻衣さんは、ファンへの悩み相談でも、相手の目を見て話を聞き、真剣に対応しているそうです。

スポンサーリンク  

深川麻衣の性格良すぎはブログにも?

https://twitter.com/ayayaya01277303/status/1103478708042694657

深川麻衣さんは、格言っていうのを初めて知ったとき、深イイ言葉ばっかりでいいなあ~とおもったそうです。


それから本とかいろんなところで見つけた『お気に入りの格言』をノートにメモしているそうです。


そして、深川麻衣さんのブログにも☆ではここで今日の格言☆ と称して、その格言ノートから引っぱってきて書いています。


“幸福であろうと思えば、「こうでさえあったらなあ」という 言葉をやめて、そのかわり、 「今度こそは」という言葉に変えなさい。”
(スマイリー・ブラントン)



ブログにも深川麻衣さんの“性格良すぎ”でいつもポジティブな考え方を垣間見ることができます。


“会場に足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございます。


私は結構冷え性なのですが、私を上まわる手の冷たさの方が結構いて、ああ寒い中来てくださったんだなーって思いました。”


“時の流れは早い〜。時間を無駄にしないためにも、1日1日気合いをいれて年末まで走り抜けるぞー!それでは、今日もあなたにとって楽しい1日になりますように。”


深川麻衣が性格良すぎでついた愛称は?神対応過ぎるエピソードとは?まとめ

深川麻衣さんは、『乃木坂46』時代から、メンバーや、ファン、接した人から、“性格がいい”、“性格が良すぎる”と言われているようです。


深川麻衣さんが“聖母”と呼ばれるのも、“性格良すぎ”なところから来ているんですね。


キャピキャピとしたアイドル感はないけれど、そして、少し他のメンバーと年が離れていたけれど、深川麻衣さんが『乃木坂46第1期生』として選ばれたのは、深川麻衣さんの優しく穏やかで、“性格良すぎ”なところを、見込まれたのかもしれませんね。






深川麻衣さんの“性格良すぎ”には、メンバーだけでなく、多くの人が魅了されているようですね。



【関連記事】
⇒ 深川麻衣『まんぷく』で存在感!出身高校は?父親母親兄弟姉妹は?




好きにな俳優さん・女優さん・アイドルの活動を後押しする
情報を発信してあなたも生計を立ててみませんか?

「人生を逆転できたキッカケ」
特別に公開!!

興味のある人は、こちらをクリック!