台湾の囲碁棋士・黒嘉嘉さんが、美しすぎる!!かわいい!!と話題になっています!


今回は、黒嘉嘉さんが囲碁を始めたキッカケや、父親・母親、兄弟姉妹はいる?ハーフ?などについてまとめてみました。

黑嘉嘉のプロフィール

https://twitter.com/Chloe97__/status/1099278083134115841

氏 名: 黑嘉嘉(こく かか)
拼 音: Hēi Jiājiā、ヘイ・ジャアジャア
英語名: Joanne Missingham(ジョアン・ミシンガム)
生年月日: 1994年5月26日
出身地: オーストラリア クイーンズランド州ブリスベン


台湾の囲碁棋士
所 属: 台灣棋院
師 匠: 周可平、林聖賢、吳鍇、阮雲生
段 位: 七段


黑嘉嘉が囲碁を始めたキカッケと経過

View this post on Instagram

#20yearchallenge

A post shared by 黑嘉嘉 Joanne Missingham (@jiajia94526) on

黒嘉嘉(Joanne Missingham)さんは、囲碁の他にも、琵琶、水泳、体操、バレエ、書道、ピアノを習ったことがあり、中でも囲碁が最も好きだということに気がついたそうです。


しかし、黒嘉嘉(Joanne Missingham)さんは、もともと五目並べを習いたかったと言っています。


黒嘉嘉(Joanne Missingham)さんは、家族と“五目並べ”をよく遊んでいたのですが、家族が相手ができないほど、黒嘉嘉さんが強くなってしまったので、外で出て習いたかったのですが、五目並べの教室がなかったため、黒嘉嘉さんは、“五目並べ”の代わりに見つかった“囲碁”を習い始めました。


1998年 4歳の時に、オーストラリアから台北市に移住
2000年 6歳の時に囲碁を学び始めて周可平に師事



黒嘉嘉さんは、6歳の時、漫画『ヒカルの碁』を見たことが囲碁への情熱が刺激されプロを目指すきっかけになったそうです。


『ヒカルの碁』を見て囲碁への情熱が刺激され、自分もプロになろうと決意したそうです。


“自分の趣味で男の子と互角に勝負し、そしてお金を稼げる”という世界に魅力を感じたそうです。


2002年 8歳の時には林聖賢に学ぶ。

2004年(10歳) 応昌期囲棋教育基金会青英班に入り、国際アマチュア・ペア碁選手権大会出場

2005年(11歳) 世界青少年囲碁選手権大会に台湾代表として出場、3位入賞


黒嘉嘉さんは、11歳の時に、父親の仕事の関係でアメリカのカリフォルニア州サンディエゴに移住しています。


アメリカでは、囲碁ができる環境はなかなか無かったため、黒嘉嘉さんは、インターネットのオンライン対局で腕を磨いていったそうですが、プレイヤーの豊富なアジアとアメリカの時差は、約12時間もあるため、黒嘉嘉さんは早起きや深夜遅くまでして、対局にのめり込んだこともあったそうです。


しかし、囲碁が思うようにできない環境に身を置いたことによって、黒嘉嘉さんは“自分は本当に囲碁が好きなんだ!囲碁を打ちたい!”と、より一層思うようになったそうです。


2006年(12歳)台湾女子オープン戦優勝

2007年(13歳)武漢の阮雲生の元で2か月間学び、中国の入段戦にも出場

2008年(14歳)トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦のオセアニア地区予選優勝

2008年(14歳) 天津の呉鍇の元で3か月学び、入段戦で2位となって14歳で入段し、プロ棋士となる

2008年 第1回ワールドマインドスポーツゲームズ オーストラリア代表として女子団体戦ベスト8、女子個人戦ベスト8

2009年(15歳)北京の中国棋院で3か月間学ぶ

2010年(16歳)台湾棋院に初段として所属 ペア碁ワールドカップに台湾代表として周俊勲とのペアで出場しベスト8

2010年(16歳)勝星規定で二段昇段

2010年(16歳)穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権で準優勝

2011年1月(17歳)五段に飛び昇段
台湾棋院初の女流での高段者及び最年少・入段から最短での五段となる。


アジア競技大会では男女ペア碁に周俊勲とのペアで4位、
女子団体戦で銅メダル獲得。国内賞金ランキング7位、女流1位。


2011年 棋王戦で女流初のリーグ入り
国手戦リーグ入りし5勝2敗の3位で周俊勲と残留決定戦に勝ってリーグ残留、感恩杯新鋭磨錬戦4位、思源杯戦ベスト8、碁聖戦ベスト4、海峰杯プロ囲棋戦ベスト4。第1期女子名人戦リーグ7-3で同率2位。賞金ランキング6位、女流1位。


2012年(18歳)台湾棋院女流棋士対外棋戦出場順位戦リーグでは5戦全勝で1位。
18歲の誕生日翌日に勝星規定により六段昇段


2013年(19歳)Mlily夢百合杯世界囲碁オープン戦本戦出場

2014年(20歳)珠鋼杯世界囲碁団体選手権にオーストラリアチームで出場

2015年(21歳)碁聖戦ベスト8、台湾女子囲碁最強戦優勝


黒嘉嘉さんは、暇さえあれば、ネットの猛者を探しては観戦し、大きな大会の中継を見るようです。


また、試合後は対局の棋譜を研究し、他の対局でも応用できるものがないかと新手を求めて勉強し、失敗した対局で得られた事でも教訓として学ぶそうです。


すごいことに、黒嘉嘉さんは、自分と相手が打った石の順序と場所を全て覚えているそうで、正しく再現できるそうです。


黒嘉嘉さん曰く、“これはプロならできて当たり前のこと”なのだそうです。


また、黒嘉嘉さんは、次のようにも語っています。


“私は頭を使う遊びが好きです。考えることと、自分に挑戦することが好きなんです。”


“囲碁は人生のようなもの、待った無し(棋如人生、落子無悔)。どんな決断をしても決して後悔してはいけない。これは囲碁から学んだすごく大切な座右の銘です。”


黑嘉嘉はハーフ?父親・母親は?兄弟姉妹は?

黑嘉嘉さんは、1994年5月26日、オーストラリアのブリスベンで、オーストラリア人の父親台湾人の母親の間に生まれているハーフです。


オーストラリアで大学教授をしていた黑嘉嘉さんの父親は、留学でオーストラリアにきていた黑嘉嘉さんの母親と大学で出会っています。


いわゆる、先生と生徒の恋愛関係だそうです。


黑嘉嘉の父親とは?

https://www.instagram.com/p/BTd_czzDpY1/?utm_source=ig_web_copy_link

黑嘉嘉さんの父親は、若いころ、2年ほど世界旅行に行って、人生の目標を考え、オーストラリアに帰国後、パソコンに向かって歴史の学習を始め、大学で教授になったそうです。

https://www.instagram.com/p/BSlHFdyjvFY/?utm_source=ig_web_copy_link


黑嘉嘉の父親は、『人生は囲碁だけではいけない。多彩でありなさい。挑戦に満ちた人生も良いんだよ』と黑嘉嘉さんに教えてくれたそうです。


そんなこともあり、黑嘉嘉さんは、囲碁だけでなく化粧、礼儀作法、発声、琵琶なども習うようになり、習うこと全てを、子供のようになんでも新鮮に感じることができるそうです。


黑嘉嘉の母親とは?

黑嘉嘉さんの母親は、黒嘉嘉さんの「日程管理や試合のデータ取り」をするなど献身的に黒嘉嘉さんの囲碁を支えていましたが、2014年 黒嘉嘉さんが20歳の時、黒嘉嘉さんの母親は、白血病で他界しています。


黑嘉嘉さんの母親が病気で亡くなった時、黒嘉嘉さんは2つの国際試合で対局していたそうです。


黑嘉嘉さんは、


『私はとても落ち込んで、くよくよしてしまいました。でも、今まで囲碁の道を捨てようと思ったことはありません。』


と語っています。




囲碁をすることが、黑嘉嘉さんは、母親とのつながりを感じるのかもしれませんね。


黑嘉嘉に兄弟姉妹は?

https://www.instagram.com/p/BWznihgDx92/?utm_source=ig_web_copy_link

黑嘉嘉さんには、2歲年上のお姉さんがいます。


少し画像に加工が加えられていますが、黒嘉嘉さんと似ていて、キレイですね。

https://www.instagram.com/p/BTof9Ucj4HQ/?utm_source=ig_web_copy_link

母親が亡くしたあとも、黑嘉嘉さんは、父親とお姉さんと3人で家族仲良く支え合っているようですね。

黒嘉嘉のインスタ画像がかわいい!

黒嘉嘉(Joanne Missingham)のインスタグラムからかわいい画像をご紹介します。







遠目から見ても、黑嘉嘉さん、美しい!!かわいい!!





黑嘉嘉さん、目を閉じていても、キレイです。可愛いです。




お化粧を学んだ後なのでしょうね、美しさにより磨きがかかっています。


黒嘉嘉さん、台湾ではすでにトップモデルとして活躍しているようです。

今後は、日本でも、持ち前のルックスやスタイルを活かしてモデルとして、活躍する機会がありそうですね。


スポンサーリンク  

黒嘉嘉はハーフ?(インスタ画像)かわいい!!父親母親兄弟姉妹は?まとめ

美人すぎる棋士・黒嘉嘉さんが囲碁を始めたキッカケや、父親・母親、兄弟姉妹についてまとめてみました。


目が大きくてハッキリとしているので、ハーフかな?とは、思いましたが、黒嘉嘉さんは、父親がオーストラリア人で、母親が台湾人のハーフなんですね。


美人すぎる棋士・黒嘉嘉さんは、英語と中国語を話すバイリンガルでもあるんですね。


黒嘉嘉さんは、『人生は囲碁だけではいけない。多彩でありなさい。挑戦に満ちた人生も良いんだよ』という父親の教えに習い、これからも、囲碁だけでなく、様々のことに挑戦していくのではないでしょうか。


黒嘉嘉さんが、どんなことに挑戦し、成長していくのか楽しみです。


日本で黒嘉嘉さんを見かける機会も増えていきそうですね。


好きにな俳優さん・女優さん・アイドルの活動を後押しする
情報を発信してあなたも生計を立ててみませんか?

「人生を逆転できたキッカケ」
特別に公開!!

興味のある人は、こちらをクリック!