2月17日(2019年)から『ドバイ大会』に出場大坂なおみ選手


2月12日(2019年)に、サーシャ・バインコーチとの契約を解消し、『ドバイ大会』では、日本テニス協会の吉川真司氏をコーチとして試合に臨みました。


今回は、大坂なおみさんの新コーチ・吉川真司氏について、大坂なおみ選手との出会いなどについてまとめてみました。

【関連記事】
⇒ 大坂なおみ全米オープン優勝生い立ち テニスを始めたキッカケ・経過
⇒ 大坂なおみコーチサーシャがイケメン!!コーチングが目から鱗!!
⇒ 大坂なおみの母親出身実家は大阪?年齢?ハーフ?離婚してる?上島竜兵LuLu似
⇒ 大坂なおみ全米オープン優勝父親出身地ハイチでしたことは?日本語?
⇒ 大坂まり 大坂なおみ全米オープン優勝姉ランキング、身長、日本語?
⇒ 大坂なおみコーチ陣茂木奈津子(日本人女性)とは?年齢出身経歴は?
⇒ 大坂なおみコーチ陣アブデュル・シラーとは?
⇒ 大坂なおみ『コーチ』サーシャ・バインを解消!!その理由は?


スポンサードリンク







大坂なおみのコーチ吉川真司のプロフィール

氏 名: 吉川真司(よしかわ まさし)
生年月日: 1978(昭53)年1月31日
身 長: 173cm
体 重: 64kg
出身地: 京都府京都市
出身校: 亜細亜大卒
ホームコート:味の素ナショナルトレーニングセンター


肩書き:日本テニス協会強化本部ナショナルチーム女子コーチ
コーチ資格:日本テニス協会公認S級エリートコーチ


大坂なおみのコーチ吉川真司のテニス歴



1990年 12歳の時、吉川真司コーチは、父親の影響でテニスを始めました

吉川真司コーチは、テニスを始めたその年に 関西ジュニア大会に出場しているのですが、その時の1回戦の対戦相手が、寺地貴弘元プロテニスプレーヤーだったそうです。

寺地貴弘元プロテニスプレーヤーは、一学年下ですが、9歳からテニスを始め、高校2年のとき全日本ジュニアで優勝、高校3年のとき高校総体で優勝し1998年にプロに転向しています。


寺地貴弘元プロテニスプレーヤーは、その当時、すでに全国で活躍するレベルだったこともあり、、結果は、0−8とさんざんだったようですが、学ぶことも多かったようです。


1993年 北海道にある、『札幌藻岩高校』に進学
1996年 インターハイ(高校総体)単複ベスト8
1996年 亜細亜大学に進学



2000年 全日本学生シングルスでベスト4
2000年 全日本学生室内単準優勝


亜細亜大学卒業後は、実業団に入り、テニスを続けました。


2007年12月 体の故障などが原因で現役引退し、コーチに転向
2012年  日本テニス協会公認S級エリートコーチに就任
2014年4月から ナショナルコーチに就任



現在は埼玉県にあるグリーンテニスプラザにも所属しています。


今回の吉川コーチの大阪なおみ選手の登板にグリーンテニスプラザに入門する人が殺到するかもしれませんね。

スポンサードリンク




大坂なおみとコーチ吉川真司の出会いは?

2013年8月 『東レ・パンパシフィック大会』が初顔合わせになります。


当時は大坂なおみ選手は、15歳で、無名の選手で、この時、大坂なおみ選手は、予選1回戦で敗れています。


しかし、吉川真司コーチは、その当時すでに大阪なおみ選手の才能を見抜き、「パワー、体のしなやかさ、ゲーム性、世界でも見たことのない選手だ。」と、すぐに、大坂なおみ選手のことを当時にの女子代表監督と強化本部長に報告しました。


それ以来、吉川真司コーチは、大坂なおみ選手が日本に来たときは、練習場を手配したり、大坂選手が出場する大会では必ずコンタクトを取るなどしてサポートを続けてきました。



世界ランキング1位となった大坂なおみ選手ですが、その頃は、アメリカでシニアの大会に出場するも目立った成績を残せておらず、アメリカのテニス協会や企業からのサポートはうけられなかったようです。


吉川真司コーチや日本テニス協会の理解やサポートに感謝して、恩に報いるため大坂なおみ選手は、選手としての登録を日本にしています。


吉川真司コーチに対する大坂なおみ選手、そして父親、母親からの信頼は相当なものだと言えるでしょう。


2月12日(2019年)、サーシャ・バインコーチとの契約解消を公表した際には、吉川真司コーチには、まだ依頼がされていなかったようです。

おそらく、吉川真司コーチは、現地、ドバイで、大坂なおみ選手と父親・母親から、突然、コーチを依頼されたのかもしれませんが、


大坂なおみ選手のことをいつも気にかけて、困っているとここそ、必要なものを手配するなどしてサポートしてきた吉川真司コーチは、ドバイ大会でもサポートする心構えでいたのでしょうね。


いずれにしても、大坂なおみ選手とご両親、そして吉川真司コーチの強い信頼関係を垣間見ることができます。


大坂なおみ選手が、2018年全米オープンでセリーナ・ウィリアムスを破り優勝したと時、吉川真司コーチは、

「いつかこうなると想像してきたが、現実になると実感がない。セリーナを完全にテニスで上回っていた」


「やっぱり4大大会を取る選手だったんだ」


と才能を開花させた姿に目を細めながらも、驚きを込めて語りました。


大坂なおみ選手が15歳の時から、フェド杯代表コーチとしてサポートしてきた吉川真司コーチの喜びは、ひとしおだったといいます。

スポンサードリンク







大坂なおみのコーチ吉川真司の出身高校・大学は?

吉川真司コーチは、京都府京都市の生まれですが、高校は、北海道札幌市にあるに進学しています。



1993年 『札幌藻岩(もいわ)高校』に進学

わざわざテニスの為だけに、京都から北海道に行くことは考えにくいので、それ以前に、何らかの事情で北海道に引っ越されたのでしょう。


『札幌藻岩(もいわ)高校』は、文武両道を掲げている学校で、男子テニス部は全国大会の常連の強豪校のようです。


『札幌藻岩もいわ)高校』の卒業生には、大泉洋(タレント)、金田一仁志(タレント)、DICK(ミュージシャン、MONKEY MAJIK)coba84(ミュージシャン)、ユースフルデイズ(お笑いコンビ) などがいます。


1996年 吉川真司コーチは、『札幌藻岩(もいわ)高校』を卒業すると、『亜細亜(あじあ)大学』に進学しています。


『亜細亜(あじあ)大学』在学中の2000年に出場したインカレでベスト4となっています。


大坂なおみのコーチ吉川真司の結婚は?嫁、子供は?

吉川コーチに嫁や子供はいるのでしょうか?


大坂なおみ選手ののコーチとなった吉川真司氏の嫁、子供など家族について調べてみましたのですが、画像はもとより、結婚や嫁、子供については、確認できませんでした。


SNSの画像からは、吉川真司氏が、本当にテニスが好きで子供たちにテニスを教えるのが好きな様子が伝わってきます。


『日本テニス協会公認S級エリートコーチ』という資格や、『日本テニス協会強化本部ナショナルチーム女子コーチ』という肩書から、もっと固そうな感じ方かと思いましたが、とても気さくな方のようにみえます。


吉川真司氏の頭の中は、いつもテニスのことでいっぱいなのかもしれませんね。

スポンサードリンク




大坂なおみのコーチが吉川真司ツイッターの反応?










大坂なおみのコーチ吉川真司とは?テニス歴、出身高校、嫁や子供?まとめ

吉川真司コーチは、大坂なおみ選手が15歳の時から、大坂なおみさんの才能を見出し、サポートしていたんですね。


大坂なおみ選手がピンチの時こそ、いつも、吉川真司コーチの出番のようですね。


もしかしたら、吉川真司コーチ、自分にお呼びがかかると予想していたかもしれませんね。


吉川真司コーチの指導の下、大坂なおみ選手がどのように活躍してくれるのか、楽しみですね。


【関連記事】
⇒ 大坂なおみ全米オープン優勝生い立ち テニスを始めたキッカケ・経過
⇒ 大坂なおみコーチサーシャがイケメン!!コーチングが目から鱗!!
⇒ 大坂なおみの母親出身実家は大阪?年齢?ハーフ?離婚してる?上島竜兵LuLu似
⇒ 大坂なおみ全米オープン優勝父親出身地ハイチでしたことは?日本語?
⇒ 大坂まり 大坂なおみ全米オープン優勝姉ランキング、身長、日本語?
⇒ 大坂なおみコーチ陣茂木奈津子(日本人女性)とは?年齢出身経歴は?
⇒ 大坂なおみコーチ陣アブデュル・シラーとは?
⇒ 大坂なおみ『コーチ』サーシャ・バインを解消!!その理由は?



好きにな俳優さん・女優さん・アイドルの活動を後押しする
情報を発信してあなたも生計を立ててみませんか?

「人生を逆転できたキッカケ」
特別に公開!!

興味のある人は、こちらをクリック!