スポンサーリンク

ルビーチョコレートとは?味は?キットカットもアリ?口コミ・評判?

ルビーチョコレートバレンタインデー

チョコレート業界を変える」とも言われている第4のチョコレート『ルビーチョコレート』が話題になっています。

2018年に初めてお目見えしている可愛らしいピンク色のチョコレートなのだそうです。

『ルビーチョコレート』とは?どんな味?などについてまとめて見ました。

【関連記事】
⇒ チョコレートの歴史(物語)を簡単に!発見いつ?誰?甘くなかった?
⇒ バレンタインデー意味と由来?2019年いつ?
⇒ バレンタインデー 日本にはいつ?なぜチョコレート?

スポンサーリンク

ルビーチョコレートとは?

『ルビーチョコレート』は、約80年ぶりに、従来のダーク、ミルク、ホワイトチョコに次ぐ『第4のチョコレート』と言われています。

『ルビーチョコレート』の特徴は、目に飛び込む鮮やかなルビー色(ピンク色)です。

2018年10月 バリーカレボー社が一番初めの『ルビーチョコレート』として『ルビーチョコレート RB1』を完成されました。(だたし、この時点では、まだ商品化はされていません。)

『ルビーチョコレート』は、ルビー色の成分をもつ特殊なカカオ豆から作られているので、着色料が使われていないのも関わらず、カカオの天然色による華やかなピンク色をしています。

着色料や果汁を加えて色や味を表現するチョコレートもある中で、カカオ由来のルビー色を表現できるのが画期的です。

チョコレートといえば、茶色か白色!というチョコレートのビジュアルを変える一品ですね。

ルビー色の成分をもつ特殊なカカオ豆から独自の技術で天然のルビー色を生み出すことに、10年以上の歳月がかけられているそうです。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートの味は?

『ルビーチョコレート』は、カカオ本来の豊かな香りに加えて、ほんのりとしたフルーティーな天然の酸味を持っていいます。

カカオがフルーツだったということを思い出させてくれる、フレッシュかつフルーティーなベリー味です。

『ルビーチョコレート』は、可愛らしいベリー色よりもそのベリー味への驚きのほうが大きいようです。

『ルビーチョコレート』の味は、今までのチョコレートからは想像できない、とにかく、他に類のない味なのです。

着色料もフルーツのフレーバーも一切使用されていないところが、体に優しくて、嬉しいですね。

スポンサーリンク

ルビーチョコレート世界初はキットカット?

スイスにあるチョコレート会社バリーカレボー(Barry Callebaut)が約10年にわたる研究開発を経て、ルビーカカオの持つ綺麗な発色を最大限に引き出す特殊製法を開発し、この新しいチョコレート『ルビーチョコレート』が生まれましたが、これは業務用としてでした。

世界で初めて『ルビーチョコレート』を商品化されたのは、2018年1月18日にネスレ日本から発売された『キットカット ショコラトリー サブリム ルビー』となります。

スポンサーリンク

ルビーチョコレート口コミ・評判は?

https://twitter.com/jacktaaan/status/1089394882794254336

ツイート / Twitter
https://twitter.com/watashiiro_/status/1092512599999111171

『ルビーチョコレート』に興味津々な方が多いようですね。

自分にとって、美味しいものなのか、とにかく、一度は、試してみたいですよね。

スポンサーリンク

ルビーチョコレートまとめ

『ルビーチョコレート』は、ピンク色で可愛いだけでなく、フルーティーなベリー味が特徴となっています。

かなりハッキリとしたピンク色にも関わらず、着色料もフルーツのフレーバーも一切使用されていない体にやさしいチョコレートでもあります。

かなり気になるチョコレートです。

『ルビーチョコレート』は、一過性のブームではなく、ホワイトチョコレートが受け入れられたようにダーク、ミルク、ホワイトに次ぐ第4のチョコレートとして、『ルビーチョコレート』も溶け込んでいくのでしょうね。

今年のバレンタインは、『ルビーチョコレート』で盛り上がりそうですね。
【関連記事】
⇒ チョコレートの歴史(物語)を簡単に!発見いつ?誰?甘くなかった?⇒ バレンタインデー意味と由来?2019年いつ?
⇒ バレンタインデー 日本にはいつ?なぜチョコレート?

[br num=”1″]

タイトルとURLをコピーしました